PROJECT

2009年度横浜ランデヴープロジェクト

横浜市の開港150周年記念事業のひとつとして開館したレストハウス、象の鼻テラス。

横浜港発祥の地に立地する象の鼻テラスは、「文化交易」をテーマとし、さまざまな人や文化が出会い、つながり新たな文化を生み出す拠点として、横浜市と共同してスパイラル/株式会社ワコールアートセンターが運営を行っています。



象の鼻テラスでは、横浜市内の企業と、アーティストらを始めとするクリエーターとをつなげ、ものづくりを行うプロジェクトとして、「横浜ランデヴープロジェクト」をスタート。

初年度のテーマを「ピクニック」とし、意見交換の場としてのミーティングや、アーティストと企業を結ぶ機会を重ね、アーティストらの様々なアイデアを実現した商品のプロトタイプの開発を行いました。

3月には1年間の集大成としてプロトタイプの展示を行い、多数の関連イベントを開催しました。

横浜ランデヴー プロジェクト展2010-ピクニックスタジオ-」会場の様子

Photo:Koizumi Atelier



terrace.jpg

Photo:Katsuhiro Ichikawa


  banner_zounohana.jpg 

〒231-0002 横浜市中区海岸通1丁目 


 ■参加アーティスト 

EAT&ART TARO(アーティスト)、伊藤さやか(ボヘミアンクラフト代表/グラフィックデザイナー)、Ace+(クリエイティブ集団)、グエナエル・ニコラ(有限会社キュリオシティ代表取締役/デザイナー)、佐藤好彦(アーティスト)、シッダルタ・ダス(デザイナー)、曽谷朝絵(アーティスト)、高橋信雅(イラストレーター)、TOKUMA(グラフィックデザイナー)、矢内原充志(有限会社スタジオニブロール代表取締役/デザイナー)、ヨコハマピクニッククラブ、リリアン・ブルジェア(アーティスト)ほか ※五十音順 

 ■参加企業 

株式会社アートオブライフ株式会社大川印刷株式会社協進印刷株式会社サンドグラスヨコハマほか ※五十音順


■関連展示 

「横浜ランデヴー プロジェクト展2010-ピクニックスタジオ-」2010年3月10日〜3月28日

象の鼻テラス展示の様子はこちら 



「2010年度横浜ランデヴープロジェクト」

「2011年度横浜ランデヴープロジェクト」